PADIサイドマウントダイバーコース

スペシャルティコースに新たに「レクリエーション・サイドマウントダイバー・スペシャルティ・コース」が登場し、3DAもこの新しいコースを提供します。

サイドマウント・ダイビングとは?

タンクを背中(バックマウント)ではなく、ダイバーの身体の脇(腕の下)に取りつけるスタイル(サイドマウント)です。バランスの良さ、装備のコンパクトさ、腰や背中への負担の軽減、エンリッチドエア等を使った際の潜水時間の増加などのメリットがあり、リクリエーショナルダイビングテクニックの追加もしくはテクニカルダイビングへの入り口として最適です。

PADIサイドマウントダイバー器材パッケージ

タンクは、1本もしくは、2本までの装備となり、オープンウォーターダイバーから受講できる、標準スペシャルティのひとつです。マスター・スクーバ・ダイバーの5つのスペシャルティのひとつとしてカウントすることが可能です。

このコースでは、2本の独立したタンクにそれぞれレギュレーターを取りつけ、専用のハーネスとBCDにバランスよく装着する方法や、エントリー・エキジットの仕方、水中での姿勢のとり方、その他基本的なダイビングスキルをサイドマウント装備で実施できるようにトレーニングします。

サイドマウントの利点

  • 器材を流線形にしやすいので、環境への配慮がしやすい。
  • 水平姿勢がとりやすい。
  • 器材の持ち運びが便利。
  • 目の前にファーストステージとバルブがあるのでトラブルに対応しやすい。
  • 自分に合った器材配置にアジャストしやすい。
  • 2本のシリンダーを使用する場合はエア切れに対応しやすい。
  • 1本のシリンダーでのダイビングの選択も可能。
  • 腰への負担が少ない。

必要器材

サイドマウント用機材購入をお考えの方は3DAオンラインショップからご覧いただけます。

  • 2シリンダーの場合、左側は約1mの2ndステージと、BCD用中圧ホース、残圧計
  • 右側は約2mのロングホース2ndステージと、残圧計
  • BCD及びハーネスはサイドマウント専用のもの
  • 残圧計のホースは15cm程のショートでも、通常の長さでも可

受講前条件

  • オープン・ウォーター・ダイバー 以上で、15歳以上

講習内容

  • レクチャー、プール実習1ダイブならびに海洋実習3ダイブ

講習を受けると

  • 流線型をとり、環境に配慮して潜ることができる
  • エア切れなどのトラブルにスムーズに対応できる
  • 腰への負担が軽減
  • ダイビングスキルが向上する

コース概要

料金: $550.00-

  • 含まれるもの: 送迎代、インストラクション料、教材代、トレーニングダイブ用タンク・ウエイト代、申請料、保険料
  • 含まれないもの: サイドマウント用機材レンタル代

最少催行人数: 1名様より開催
開催スケジュール: 随時開催
準備するもの: 現在お持ちのダイバーレベルCカード、PADIトレーニングレコード・ログブック、お持ちのダイビング器材、水着、タオル、筆記用具