上田学 CD-033483

1966年2月生まれ

LOA Guam, Inc.代表。スクーバダイビングは「遊び」「レジャー」で、楽しむことができないと意味がない。ダイビングのモットーは「安全」に「リラックス」して「楽しむ」、そのために、今までダイビングでいやなことがあったとか、どうもうまく潜れないとか、怖い思いをしたことがあるといったダイバーの声をとにかく無くしていきたいと願いながらグアムで皆様のお越しをお待ちしています。グアムで日本人PADIコースディレクターとして経験豊富な知識とスキルを駆使し、あらゆるダイバーに対応できるように日々考えています。グアムは本当に常夏の島、いつ来ても快適に安心してダイビングを楽しんでもらえます。体験ダイビング・ダイビングコース・ファンダイビングに関わらず、ご予約の際にいろいろ質問をしてください。大切な皆様のグアムでのダイビングが100%楽しんでもらえるようにお答えいたします。

http://www.padi.co.jp/visitors/pro/pro_013.asp

PADIコースディレクターとは?

ダイビングヒストリー

1987年

大阪の大学在学中に1年休学しセブ島へ滞在。そこで、セブ市内にあった怪しいダイビングショップの看板(メインはバーなのだが)に吸い込まれるように入り、陽気なアメリカン人インストラクターと出会う。ほとんど英語ができなかったその当時、訳のわからないままにダイビングライセンスコースに申込み、ダイビング人生をスタートする。その後、毎日のようにダイビングを楽しみに、知らず知らずのうちにダイブマスターコースまで進む。当時、住んでいた近所の村人からは毎日ダイビングに行くのでDiving Dong(ダイビング小僧)と呼ばれ始めた。この時に呼ばれていたDongというのが、現在ニックネームで呼ばれているDONのもと。決して「ボス」とかという意味ではない。

1988年

ダイビングを教えてくれていたアメリカン人インストラクター「SCOTT」と「JOHN」から、インストラクターにならないかと勧められ、ルソン島でのPADIインストラクター開発コースに参加し晴れてPADIインストラクターとなる。その後、休学期間が終了し日本に戻り復学。大阪・高槻のダイビングショップで働く。

1989年

高槻のショップから大阪・心斎橋のショップへ移る。ちょっとしたダイビングブームで大学をそこそこに、ダイビングの仕事に多くの時間を費やすことになる。毎週末のように紀伊半島・越前へ講習のために行っていた。

1991年

当時あったPADIカレッジ(小平)を中心にインストラクター資格をステップアップしPADIマスターインストラクターに。大学を3か月留年し卒業後、海外でインストラクターの仕事がしたいと目覚め、たまたま求人のあったケアンズのダイビングショップで働くことになる。ケアンズのショップは日帰りダイビングがメインで、毎日体験ダイビング・講習・ファンダイビングのガイドでダイビング漬けの生活を送る。

1992年

シドニーで開催されたコースディレクターコースに参加し、PADIコースディレクターとなる。その後、PADIインストラクターコースを開催できる機会を求め、ケアンズから630キロ南下した町アーリービーチにあるオセアニアダイブに就職。住んでいたのはケアンズだったが年間の大半をアーリービーチで過ごすことになる。その後、ケアンズ・パースでのIDC開催もスタートし、オーストラリア各地でコース・ツアー開催で活動する。オセアニアダイブに勤務中、オーストラリアの永住権を取得。

1999年

7年務めたオセアニアダイブを退社し独立。自社にてケアンズ・パースでのインストラクターコースを開催することになる。グレートバリアリーフダイブクルーズチャーター、西オーストラリアツアーなどをインストラクターコースと並行して開催し、1年の内3分の2以上はケアンズから離れてインストラクター活動をしていた。

2004年

3Dアドベンチャーズを設立。ツーリスト・ローカル向けに日本人ダイビングサービスをケアンズでスタート。2009年までのオペレーションの間、ニュージーランドのオークランド、クイーンズランド州のバンダバーグ、ゴールドコーストなどでも活動。2009年に3Dアドベンチャーズオーストラリアオペレーションをクローズ。

2010年

LOA GUAM Inc設立。グアムで活動するためにE2ビサ取得し2010年7月1日より3Dアドベンチャーズグアム店のオペレーションをスタート。

2013年

ポセイドンMK6リブリーザーダイバー認定を受ける。

2014年

PADIリブリーザーPoseidon MkVI/Se7enインストラクター、TecCCR40ダイバー認定。

2014 Elite Instructor

PADI Award

認定履歴

  • IDC修了生 800名以上
  • PADIダイバー認定総数 1700名以上

インストラクター資格

投稿記事

協力記事