ワイドだけじゃないグアムの生物、ちょっと紹介

卒業旅行シーズンや3月の連休も終わり少し静かなグアムです。お客様がいないときは、じっくり水中生物ネタを探す絶好のチャンスなので、何日間かボートに乗って水中生物ネタを集めてみました。今日はここ数日のうちに見つけた小ネタをまとめてご紹介! どうしても透明度のいいグアムの外洋ポイントを潜ると、浮遊感を楽しみマクロダイビングとは別のスタイルになりがちですが、いつも潜っているポイントも、目線を変えて潜るだけで全く違うものが見えてきます。 実際、ガイドをする前にお客様の好みを聞いて持っているカメラのセッティングなどを見ながらその日のガイディングを組み立てますが、そもそも水中で見せる生物の引き出しを多く持っていないと期待に応えることも難しく、ここ何日かお客様がいない日にソロダイビングでじっくりと潜ってきました。 また、ソロダイビングをしていると水中生物を脅かす要素も少ないのでいつも隠れてしまってなかなか映像に収められないものをじっくりと見ることができます。 かなり臆病者のオドリハゼ…

ワイド・マクロどちらも楽しめるグアムの海

ちょっと前にグアムで楽しめるダイビングスタイルについて書きましたが、今日はグアムでのダイビングの楽しみ方に関して少し紹介しましょう。2月に入ってなぜかマクロダイビングのリクエストが目立っていたのですが、グアムの海はワイド・マクロ両方楽しめる海です。透明度のいい海なので、多くのダイバーはワイド目線でグアムの海を楽しむことが多いのは事実。グアムブルーに身を沈めて癒されるダイビングは本当に気持ちがいいですね。 ワイド(生物編) ポイントによってはバラクーダやギンガメの群れ、ウミガメやマンタなども見られ、迫力のあるレックダイビングポイントもいくつかあります。 クレバスのバラクーダ from…

水中写真大好きなダイバーお二人と3日間まったり、じっくりダイビング。

昨日からグアムへお越しの2名様。お二人とも500ダイブオーバーの経験豊富な方たち。日本では柏島をベースに水中写真を楽しんでいるようで、グアムでもどちらかというとマクロダイビングがご希望とのこと。もちろんワイドもOKなのですが。1日目・2日目の4ダイブはどれも潜水時間60分オーバー(グアムのボートダイビングでは珍しいんです・・・)、あまり動かず、じっくり目を凝らし、いろんなポイントをカバーしていきます。 1日目はタモン湾での2ダイブ。個人的にはタモン湾の定番ポイントで2ダイブ、マクロからワイドまで楽しめました。冬は波やウネリが入ることが多いこのエリアですが、ここ数日波無し・ウネリ無しの好コンディション。 30m付近の砂地でも水面がはっきりと見えて明るい水底です。グアムらしい透明度と生物たちを楽しむことができます。 水面を見上げると・・・・ 岩陰や砂地の上にはいろんな生物が隠れています。…

オーストラリア時代の教え子がグアムに来てくれました。

昨日、今日と2日間オーストラリア時代の教え子がダイビングに来てくれました。10年ぶりに遊びに来てくれたのが今年の5月。1年もたたないうちにまた来てくれたのですが、純粋にグアムの海を楽しんでくれている姿にこちらも嬉しくなってしまいましたね。 とにかく、ブルーホールを潜りたいと言っていた彼、予定ではなかった昨日の1…

今日のダイビングは真っ白な砂地と地形を楽しむノースへ

今日はコンディションもいいので急遽ノースへのダイビングへ。ノースエリアは真っ白な砂地と地形を楽しめるポイントが多いです。いつものコースではなく、わざと少し外した広ーい砂地からスタート。リーフに沿って東へ進むと砂地とリーフのコントラストに癒されます。約70分のダイビングの終了時にはスイムスルーを通ります。 そして1ダイブ目の最後はスイムスルー 穴好きなダイバーにお勧め、The TUNNEL from…

エサが変わって久々の登場

しばらく姿を隠していたオオテンジクザメがギャブギャブⅡに戻ってきましたね~。何回見ても迫力あるこの姿、お客様も大喜びです。普段は岩陰などに隠れてじっとしているこのサメは、ここで見るときにはバケツに頭を突っ込み中のエサを必死に食べようとしています。まぁ、セブ島のオスロブで見るジンベイザメに似た部分がありますが、その餌付けの部分を引いてもやはり迫力があって楽しめるのは間違いないですね。 オオテンジクザメが再登場 from 3D Adventures…

動画ノーカットでウミガメを何匹収めるか!?

グアムのフィンガーリーフの近く、隠れ根には多くのウミガメがいつも休んでいます。今回は離れ根に到着後、5分余り動画を撮り続けて何匹のウミガメを収められるのか挑戦!この動画を見ている方も数えてみてください。 ポイントは今年の2月から近くの岸壁に軍艦が停泊していると潜れなくなったフィンガーリーフですが、中性浮力とエアの消費量が大丈夫であれば行くことができるポイントです。 ボートから潜降して、壁沿いのあるポイントからコンパスを使って何にもない中層を泳ぐこと約10分。ぼんやりと見えてくるリーフトップが14mの隠れ根です。ダイバーが近づくと、スーッと根から離れていく個体も多いのですが、何匹かは根の上で休んでいるのを見ることができます。ウミガメ好きのダイバーは3DA…

グアムで魚影が濃いのはここ!

グアムでのダイビングも、行くとこに行けばかなりの高確率で動画のような魚影の濃いシーンに出会えます。今日は、アオウミガメに始めり(2ダイブで20匹以上出てきましたが)、バラクーダの群れ、ホソカマスの群れ、コバンアジの群れ、ギンガメアジの群れ・・・・とオンパレード。ブラックチップリーフシャークも5匹ほどウロウロとダイバーの周りを囲み、充実した2…

グアムで魚影が濃いのはここ!

グアムでのダイビングも、行くとこに行けばかなりの高確率で動画のような魚影の濃いシーンに出会えます。今日は、アオウミガメに始まり(2ダイブで20匹以上出てきましたが)、バラクーダの群れ、ホソカマスの群れ、コバンアジの群れ、ギンガメアジの群れ・・・・とオンパレード。ブラックチップリーフシャークも5匹ほどウロウロとダイバーの周りを囲み、充実した2ダイブでした! ポセイドンリブリーザーで潜っていたこともあり、いつも以上に魚たちが寄ってくる、寄ってくる。単体のオニカマスなんかは真正面から様子を見に寄ってくる始末。サメも距離が近い!やはり排気音の有る・無しで距離感が全く違うことを再認識。 180…