ジュゴンに逢いたい! - ブスアンガ島

水中で遭遇する大物は何度見ても感動するもの。大物遭遇率でいうとグアムは正直ほかの場所よりも低いといわざるを得ませんが、グアムや日本から気軽に行ける場所で様々な大物をほぼ確実に見れる場所がいくつかあります。 今回はフィリピンのブスアンガ島を紹介。マニラから国内線で1時間で到着するこの場所は、ここ数年来、野生のジュゴンに逢える場所として注目されてきています。 ブスアンガ島は最近の不幸なニュースで日本人の方にも名前だけは聞いたことがある島かもしれません。全くダイビングとは関係のない事件だったのでブスアンガ島のイメージダウンにはつながらないことを祈っています。 とにかくブスアンガへ向かうにはマニラを経由して国内線が唯一の手段といっていいのですが、フィリピンを訪れる際、悪名高きマニラ空港を利用しなければいけないのがちょっと欠点。セブ島へは日本から直行便も出ているのでマニラを経由する必要はないのですが、それ以外の島へはどうしてもマニラ経由が必要不可欠。 ただ、フィリピン航空を利用してマニラ空港第2ターミナルに到着すると面倒な移動も最小限で国内線ターミナルへ行くことができ、マニラで心配をする必要は最小限。日本からも1日数本フィリピン航空がマニラに飛んでいるので(羽田便もあり!)旅行計画は立てやすい場所です。…

3DAファンダイビングへお申し込みの際の注意点

2017年もあっという間に3分の1が過ぎゴールデンウィークの真っただ中。今年は3DAとしてもっといろいろなファンダイビングを提供したく考えており、メニューの改定や新メニューの発表などを予定しています。 さて、今既存のファンダイビングメニューにお申し込みの際の注意点をいくつか確認のためにお知らせいたします。 1…

ミクロネシアをグアムから制覇しよう!

2017年の目標は、せっかくグアムをベースにしているのだからここから行けるミクロネシアの島々を制覇すること。私がグアムでの仕事を始めたのは6年前。この6年間は数回グアム以外で潜りましたが、そのほかは全てグアムで毎日のように潜りました。まだまだ潜っていないポイントもありこれからもいろんなところを開拓していきたいですね。それと並行して、グアム周辺のミクロネシア・マリアナの島々へも足を延ばしたく思っています。 ロタ サイパン ヤップ チューク…

3DAよりお知らせ

ブログおよびフェイスブックの投稿が長らくなかったためご心配をおかけしているお客様もいたと思いますが、3Dアドベンチャーズからやっとお知らせをすることができるようになりました。 グリーンカードを持っていない私にとって、アメリカであるグアムで活動するためにはVISAが必要ですが、今回このVISAの更新のため9月末よりグアムを離れておりました。本来であれば10…

グアムでスペシャルティーダイバーコースのススメ

3DAが開催できるPADIコースは多くあります。各種スペシャルティーコースは様々なダイビングの楽しみ方をインストラクターの指導のもと安全に習得していくプログラムですが、今年のゴールデンウィークはこのスペシャルティーコースを取得するお客様に来ていただき、4つのコースをファンダイビングと絡めながら開催しました。 そもそも、スペシャルティーコースというものをPADIダイバーの場合、正直取得している方はまだまだ少ないというのが実情です。というのも通常「コアプログラム」と言われる定番のコース オープンウォーターダイバー アドバンスドオープンウォーターダイバー レスキューダイバー…

ゴールデンウィークを前にして

つい最近年を越したと思ったら、もうすぐゴールデンウィーク。なんか、年々時がたつのが早くなっているような気がします。ゴールデンウィークは勿論海外リゾートにいると1年のうちでお客様が多くなる期間。今年も29日から11日まで毎日お客様がいるので感謝です。 ただ、今年のお客様の予約の内容が、 マスタースクーバダイバーを目指しSPコースを数種類受講希望の方 エンリッチドエアーダイバーコースを受けたい方 ロシアからPOSEIDON…

ダイビングに参加する上での病歴および診断書について

今まで様々な年齢層の方が体験ダイビングに参加していただいているのですが、体験ダイビングをする前に記入していただく書類には病歴の確認チェックリストがあります。3DAが行っている体験ダイビングプログラムは正式名はPADIディスカバースクーバダイビングプログラムなのですが、その病歴に一つでも該当するものがある場合、医師による診断書の提出が必要になります。 病歴があるからといって、すぐにダイビングが不可ということではないのですが、安全を確保する上で正確に申告していただく必要がある非常に大切なものです。 特に呼吸器系・循環器系に病歴がある場合には医師による診断を受けダイビングに適しているかどうかの判断が大切なのです。また、特に重大な病歴がないとしても高年齢の方はあらかじめダイビングに参加する前に医師への相談をお勧めします。 特に、次のような病歴がある方; 喘息(小児喘息を含む)…

フィリピンでの出会い、グアムでの再会、そして別れ

今、正直落ち込んでいます。FBを何気なく眺めていたらタイムラインに目を疑うような知らせが・・・・。僕のダイビングの師匠であるJohnが亡くなったとの知らせ。陽気なJohnのことだから、また友達がふざけて書き込んでいるのかと思いじっくり読んでみると本当でした。 Johnとはセブ島で1987…