エマージェンシーファーストレスポンスプログラム

by

efr海外では一般の人たちに広く受け入れられているCPRおよびファーストエイドトレーニング。目の前に病気や事故にあった患者に出会った場合、救急隊が到着するまでにできるファーストエイドのスキルを習得します。3DAではダイバーのみならずノンダイバーの皆様にもこのトレーニングプログラムを提供しています。自習が住んでいれば半日ほどで終了することができます。

エマージェンシー・ファースト・レスポンスは、心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学ぶプログラムです。
知識やスキルを身につけるだけでなく、現実的なシナリオ練習を通して、日常での緊急時における実践的な対処法を学びます。
EFRは最新の医学的基盤に基づいた信頼性の高いプログラムで、世界中のさまざまな機関から承認されています。

「一次ケア二次ケア」コース

「一次ケア」では、主にCPR(心肺蘇生法)を中心にコースが展開され、「二次ケア」で、ケガや病気の対応であるファーストエイド(応急手当)を学びます。 ※レスキューダイバーコースを受講されるダイバーは、前条件として最低でもこのコース受講が必要となります。

「子供のためのケア」コース

「一次ケア二次ケア」コースの内容を踏まえたうえで、小児と乳児特有の違いを中心にコースが展開されます。

「CPR&AED」コース

「一次ケア」と「子供のためのケア」を踏まえたうえで、AED(自動体外式除細動器)をどのように使用するかを中心にコースが実施されます。
※二次ケアであるファーストエイド(ケガや病気の応急手当)は、このコースには含まれていないので、レスキューダイバーコースの前条件にはなりません。

EFR

コース概要
料金[coursefee]
含まれるもの:
  •  講習費
  • 必要教材
  • ランチ
  • 宿泊先までの送迎
含まれないもの:
コース期間1日
開催スケジュール随時開催
最少催行人数1
定員12
最低年齢-
参加前資格なし
必要経験ダイブ数0ダイブ
教材

  • EFRスチューデントクルーパック
  • 準備するもの

     筆記用具、動きやすい服装でご参加ください。

    含まれるダイブ本数0ダイブ

    達成条件

    講習内容

    一次ケア

    このコースは生命にかかわる緊急時のための緊急ケアをカバーするものです。知識開発(学科講習)とスキル開発(実技講習)、現実的なシナリオ練習を通して、万が一の際に「まず何をすればよいか?」を身につけ、躊躇することなく手がさしのべられるように学習します。参加者が学ぶ主なスキルは:

    • 現場の評価
    • バリアの使用
    • 一次評価
    • CPR(心肺蘇生法)
    • 気道閉塞で意識がある/ない成人への対応
    • ひどい出血の管理
    • ショックの管理
    • 背骨の傷害の管理
    • AED(自動体外式除細動器)の使用方法のオリエンテーション(オプション)
    • 緊急時における酸素の使用方法のオリエンテーション(オプション)

    二次ケア

    このコースは、即座に生命にかかわらないケガや病気、あるいは地元の救急隊(EMS)が到着するのに時間がかかるか、利用できない場合を扱うものです。知識開発(学科講習)とスキル開発(実技講習)、現実的なシナリオ練習を通して、二次ケアと適切なファーストエイド(応急手当)に焦点を当てて学習します。参加者が学ぶ主なスキルは:

    • ケガの評価
    • 病気の評価
    • 包帯の使用方法
    • 骨折や脱臼のときのための副木の使用方法

    コースへの準備

     筆記用具、動きやすい服装でご参加ください。

    サンプルスケジュール

    認定

    コースギャラリー

    EFRを承認している機関

    EFRは世界の各機関から、正式な規準を満たすプログラムとして承認されています。

    • Canada Occupational Safety and Health
    • Alberta, Canada for Workplace Health and Safety
    • Newfoundland & Labrador, Canada for Workplace Health and Safety
    • Health and Safety Executive (Great Britain) and ( Northern Ireland) for the purposes of first aid in the workplace
    • British Canoe Union (BCU)
    • Espirito Santo Fire Department, Brazil
    • Italian Resuscitation Council
    • National Strength and Condition Association (NSCA), Japan
    • Royal Yachting Association United Kingdom
    • Scouts Association U.K.
    • SkillsActive – United Kingdom
    • Transport Canada
    • Duke of Edinburgh’s Award United Kingdom
    • SEMICYUC Sociedad Espanola de Medicina Intensiva, Criticos y Unidades
    • Coronarias (Member of Spanish Resuscitation Council )
    • Department of Community Services (NSW) Australia
    • Department of Communities (QLD) Australia
    • Dept of Education and Training (WA) Australia
    • Queensland Government, Marine Transport Authority, Australia
    • RCNA Endorsement Confirmation, Australia
    • Australia Council for Teaching Swimming and Water Safety (AUTSWIM), Australia
    • NZ Maritime Approval Letter
    • Northwest (UK) SureStart Care for Children
    • Schweizerischer Hangegleiter-Verband
    • Federation Suisse de Vol Libre
    • Sport For All Korea Handball Federation
    • Yacht N Company, Korea
    • Philippine Heart Association Council on CPR
    • Nationally Recognised Training in Australia: HLTCPR201A, HLTFA201A, HLTFA301B, SRXFAD001A
    • Vocational Education and Training (VET) in Australia
    • Korean Body Guard Martial Arts Association

    そのほかアメリカ国内ではAmerican Council on Exercise (ACE)、National Oceanic and Atmospheric Association (NOAA)など28の機関に認められています。