ビーチダイビングで120分1本勝負!

今日は、いつもグアムに来ていただいているTさんとビーチでのファンダイビング。エアもちがよく、深度も浅いので潜水予定時間は120分。完全マクロダイビングでのじっくりビーチダイビングをしてきました。結果は・・・、

このポイントはマクロ好きのダイバーには喜んでもらえますね。本日写真に収めた水中生物の中から少し紹介しましょう。

まずは、ミカドウミウシ。

ミカドウミウシ
普段はこうなんですが・・・。
ミカドウミウシ
泳ぎだすとスパニッシュダンサーそのもの
ミカドウミウシ
乱舞中

昨日のダイビングで見つけたミナミハコフグの赤ちゃんも、ここでは至る所に(-_-;)・・・。

ミナミハコフグ
そこら中にチョロチョロ大発生中!

この子は全く逃げられず、ちょっとだけ膨らんで怒ってました。膨らんでもほとんどサイズが変わらない・・・。

コクテンフグ
コクテンフグの赤ちゃん???

光を当てなければ完全に葉っぱ。よーく見ないと見逃してしまいます。普通、ペアでいるのですが今日は相方が見つからず、というより近くにいても気づかなかった可能性大。

カミソリウオ
相方は見当たりませんでした。

テングカワハギも好きな魚の一つ。グループで忙しそうに泳ぎ回ってましたね。

テングカワハギ
このサンゴに6匹ほど住んでました。

そこで、今日の大当たりはこちら!危うく見逃すところでした。体長約1cm、ちびちびとヒトデをかじって生きてます。久しぶりに見たのでちょっと呼吸が早くなってしまいました。

フリソデエビ
見つけた時は叫んでしまいました!

マクロ好きで、じっくり写真を撮りたい方は是非リクエストしてください。

UEDA MANABU

By Manabu Ueda

PADIコースディレクター。1988年にフィリピンでインストラクター資格取得。大阪での活動後、1991年からオーストラリアに移住。2010年にグアムへ渡り、現在グアムで3DAパシフィック、ケアンズで3DAオセアニアを運営。ポセイドンTecCCRダイバーでもあり、リクリエーショナルダイビング・テクニカルダイビング・リブリーザーダイビングでグアム・オーストラリアを中心に様々なダイビングポイントの可能性を追求中。