無料メンバー登録をして限定コンテンツへアクセス 登録ページへ

ワイドだけじゃないグアムの生物、ちょっと紹介

投稿日 · コメントする
グアムのカエルアンコウ

卒業旅行シーズンや3月の連休も終わり少し静かなグアムです。お客様がいないときは、じっくり水中生物ネタを探す絶好のチャンスなので、何日間かボートに乗って水中生物ネタを集めてみました。今日はここ数日のうちに見つけた小ネタをまとめてご紹介!

どうしても透明度のいいグアムの外洋ポイントを潜ると、浮遊感を楽しみマクロダイビングとは別のスタイルになりがちですが、いつも潜っているポイントも、目線を変えて潜るだけで全く違うものが見えてきます。

実際、ガイドをする前にお客様の好みを聞いて持っているカメラのセッティングなどを見ながらその日のガイディングを組み立てますが、そもそも水中で見せる生物の引き出しを多く持っていないと期待に応えることも難しく、ここ何日かお客様がいない日にソロダイビングでじっくりと潜ってきました。

グアムのマクロダイビング

外洋の浅場にゴロゴロいます。

グアムのマクロダイビング

イソギンチャクの裏に隠れてます。

グアムのマクロダイビング

よく見るとあちこちにいます。

グアムのマクロダイビング

幼魚は季節ものです。

グアムのマクロダイビング

ライトが無いと見えないし光りません。

グアムのマクロダイビング

こちらも季節もの。

グアムのマクロダイビング

更にこちらも季節もの。

グアムのマクロダイビング

グアムではレアものですが、結構いるんでしょうね。

グアムのマクロダイビング

潮通しのいいところでチョロチョロしています。

グアムのマクロダイビング

親よりも珍しく優雅です。大人になる前に・・。

グアムのマクロダイビング

周りのカラーに合わせていろんなカラーバリエーションが。

また、ソロダイビングをしていると水中生物を脅かす要素も少ないのでいつも隠れてしまってなかなか映像に収められないものをじっくりと見ることができます。

かなり臆病者のオドリハゼ from 3D Adventures on Vimeo.

グアムにはこのオドリハゼが至る所で見られるのですが、もともとかなり臆病者なので動画や写真に収めるのは一苦労。この個体も、かなり呼吸を押さえてギリギリまで寄って撮影しましたが、なぜか穴の奥の方を向いていて背中からのショットしか撮らせてくれません・・。両サイドのえらの動きからこのような名前が付いていますが、本当に踊っているような感じですね。

いつまでもいるとは保証できないのですが、好みの生物がいましたらリクエストしてください。また、ソロダイビングに興味のある方は次のページもご覧ください。

PADIセルフリライアントダイバースペシャルティーコース
PADIセルフリライアントダイバースペシャルティーコース セルフリライアントダイバースペシャルティーコースの目的は、単独で潜水するのに必要な手順・リスク・利点などを習得し、バディ
セルフリライアントダイバー向けサービス
セルフリライアントダイバー向けサービス PADIセルフリライアントダイバーもしくは同等資格を取得しているダイバーに向けて専用サービスを提供しています。トレーニングを受けた証明並び

The following two tabs change content below.
Ueda Manabu

Manabu Ueda

PADIコースディレクター3DA PACIFIC/OCEANIA/JAPAN
PADIコースディレクター。1988年にフィリピンでインストラクター資格取得。大阪での活動後、1991年からオーストラリアに移住。2010年にグアムへ渡り、現在グアムで3DAパシフィック、ケアンズで3DAオセアニアを運営。ポセイドンTecCCRダイバーでもあり、リクリエーショナルダイビング・テクニカルダイビング・リブリーザーダイビングでグアム・オーストラリアを中心に様々なダイビングポイントの可能性を追求中。

ブログランキングに参加してます、クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

 

人気記事

サイト内人気ページ