無料メンバー登録をして限定コンテンツへアクセス 登録ページへ

彼らに九州ダイビング業界の将来を託したいなぁ!

投稿日 · コメントする

1月に続いて福岡のダイビングショップAIR様がグアムに来ていただきました。前回は、リブリーザーとバックマウント(EANx)チームだったのですが、今回は福岡大学ダイビングサークルDIVER’S HIGHの皆さんがAIRコースディレクターの松石さんと共にサイドマウントダイビングでグアムの海を2日間6ダイブで攻めました。

前回同様、チャーターボートでコンディションを見ながら2日間6ポイント。初日は、とにかくこのサークルの皆さん潜りに行く日は海が大荒れになるということで、なかなか透明度のいい海を潜ったことが無いとの前情報から外洋での3ダイブでがっつりグアムブルーを潜ってもらおうということに。

アガットマリーナから出港して、ブルーホール・シャークスピット・バラクーダロックからクレバスという定番スポット3ダイブ。海況も良く、波無し、流れ無し、透明度抜群。あまりの透明度でかえって緊張してしまった人がいるぐらい。アドレナリン出まくりのダイビングでしたね~。

1ダイブ目のブルーホールから
グアム、ブルーホール

いざブルーホールへ!

グアム、ブルーホール

上を見上げるとハート形の入り口が・・・

グアム、ブルーホール

ブルーホールをバックに集合写真

グアム、ブルーホール

透明度抜群。20m以上離れていても見失いません・・・。

2ダイブ目はシャークスピット
グアム、シャークスピット

根の下にはオオテンジクザメが2匹

グアム、シャークスピット

戦車などの残骸が転がっています。

グアム、シャークスピット

そびえ立つシャークスピットの根

グアム、シャークスピット

ここもグアムブルーを堪能できます。

3本目のバラクーダロックからのクレバス

は・・・・写真無しです・・・・・。

2日目はレックダイビングデー

世界的にも珍しい2つの大戦で沈んだ船がくっついてみることができる、東海丸とコーモランで2ダイブ

グアムのレックダイビング

右がコーモラン、左が東海丸

グアムのレックダイビング

2つの沈船の接地ポイント

グアムのレックダイビング

東海丸の船首にて

グアムのレックダイビング

迫力の東海丸内部

グアムのレックダイビング

横たわる東海丸中央部分

3ダイブ目はアメリカンタンカー。
グアムのレックダイビング

アメリカンタンカー船首方面

グアムのレックダイビング

アメリカ国旗とともに敬礼!

グアムのレックダイビング

タンカー中央部から艦橋部分を眺める

とにかくダイビングを楽しんでいるサークルのメンバー。それを支える地元のダイビングサービス。理想の関係を垣間見ることができました。3人は卒業して社会人になるということですが、これからもこのサークルが続き、学生のダイバーが増えて、社会人になっても時間を見つけてはダイビングを続けることができれば最高ですね。

若いダイバーが、いろいろなダイビングにチャレンジして楽しんでいるのを見るとダイビング業界の将来も明るくなりますね~。

ステーキ食べすぎには注意!

ステーキ食べすぎには注意!

また、AIRサポートでDIVER’S HIGHサークルのグアムツアーで来ていただけることを楽しみにしています!

The following two tabs change content below.
Ueda Manabu

Manabu Ueda

PADIコースディレクター3DA PACIFIC/OCEANIA/JAPAN
PADIコースディレクター。1988年にフィリピンでインストラクター資格取得。大阪での活動後、1991年からオーストラリアに移住。2010年にグアムへ渡り、現在グアムで3DAパシフィック、ケアンズで3DAオセアニアを運営。ポセイドンTecCCRダイバーでもあり、リクリエーショナルダイビング・テクニカルダイビング・リブリーザーダイビングでグアム・オーストラリアを中心に様々なダイビングポイントの可能性を追求中。

ブログランキングに参加してます、クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

 

人気記事

サイト内人気ページ