無料メンバー登録をして限定コンテンツへアクセス 登録ページへ

慣れてしまうといけないなぁと思った1ダイブ

投稿日 · コメントする
グアムのミナミハタ

9年ぶりにオーストラリア時代の教え子が新婚旅行でグアムに来てくれました。もちろん、新婚旅行ということで滞在中何日も潜れるわけではないので貴重な時間を取ってファンダイビングに参加。彼は、オーストラリアから日本へ帰国後、石垣島へ。10年近く石垣島の現役のダイビングガイドとして潜っています。

リゾートサービスで毎日ガイドとして潜っていると、毎日見る風景に慣れてしまってお客様が喜ぶ生物が目の前にいるのに、あまりにも当たり前で紹介しなかったりすることが増えたりすることがあります。

例えば、トップの写真のミナミハタ。ブルーホールの外洋に抜ける天井にいつもいるので特に今まで紹介したことはないのですが、先述のガイドの彼は一番興奮したとのこと・・・。確かにきれいな魚だなとはグアムに来た当初から思っていましたが、そこまで喜んでもらえるとは思ったことが無かったんですよね。

P2020054 P2020131 P2020105 P2020097

他にはスズメダイの仲間・・・。う~ん、基本的に名前を覚えるよりも生態の観察が好きなのでスズメダイの仲間の名前を細かく覚えようとしたことが無いのですが、彼曰く、涙もんのスズメダイがいっぱいいると。確かに彼の撮った写真を見ると一見地味なスズメダイもなかなかきれいでかわいいじゃないですか。

P2020073

ヘルフリッチもブルーホールで村作ってます。

P2020142

ベニゴンベも普通種です。

P2020087

モンツキ団地もいたるところにあります。

P2020102

コミカルブレニーは写真も撮りやすいですね。

全てのダイバーに受けるとは思っていませんが、今一度グアムの生物と日本のダイバーが喜んでもらえそうなものを整理したほうがいいかなと感じた1日でした。

The following two tabs change content below.
Ueda Manabu

Manabu Ueda

PADIコースディレクター3DA PACIFIC/OCEANIA/JAPAN
PADIコースディレクター。1988年にフィリピンでインストラクター資格取得。大阪での活動後、1991年からオーストラリアに移住。2010年にグアムへ渡り、現在グアムで3DAパシフィック、ケアンズで3DAオセアニアを運営。ポセイドンTecCCRダイバーでもあり、リクリエーショナルダイビング・テクニカルダイビング・リブリーザーダイビングでグアム・オーストラリアを中心に様々なダイビングポイントの可能性を追求中。

ブログランキングに参加してます、クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

コメントは停止中です。

 

人気記事

サイト内人気ページ