無料メンバー登録をして限定コンテンツへアクセス 登録ページへ

ダイビングに参加する上での病歴および診断書について

投稿日 · コメントする
病歴診断書への記入

今まで様々な年齢層の方が体験ダイビングに参加していただいているのですが、体験ダイビングをする前に記入していただく書類には病歴の確認チェックリストがあります。3DAが行っている体験ダイビングプログラムは正式名はPADIディスカバースクーバダイビングプログラムなのですが、その病歴に一つでも該当するものがある場合、医師による診断書の提出が必要になります。

病歴があるからといって、すぐにダイビングが不可ということではないのですが、安全を確保する上で正確に申告していただく必要がある非常に大切なものです。

特に呼吸器系・循環器系に病歴がある場合には医師による診断を受けダイビングに適しているかどうかの判断が大切なのです。また、特に重大な病歴がないとしても高年齢の方はあらかじめダイビングに参加する前に医師への相談をお勧めします。

特に、次のような病歴がある方;

  • 喘息(小児喘息を含む)
  • 糖尿病
  • 心臓疾患
  • 高血圧
  • 気胸
  • 癲癇

などは、ダイビングによる影響・リスクが大きいと考えられています。

上記以外の多くの病歴でもダイビングに影響するものがありますので、詳細は下のダイバーメディカル申告書をご覧ください。

スクーバダイビングインストラクターは医師ではありませんし、またグアムにお越しになるツーリストの方は体験ダイビングを旅行会社などで予約することも多いため、その受付で担当している方も医師ではありません。該当する病歴がある場合、ダイビングが可能かどうかの判断をすることもできませんので必ず医師での診断を受けるようにお願いします。

もう一つあらかじめ知っていただきたいことは、医師の診断書があるから必ず現地のサービスがそのお客様をお受けする保証はないということです。潜水医学を知らない医師の診断書を、インストラクターとして明らかにリスクが高いにもかかわらず持ってこられた場合、インストラクターの判断でダイビングへの参加をお断りすることもあります。

しかし、多くの病歴はダイビングをすることに問題はありません。せっかくのグアム旅行、楽しみにしていたダイビングが診断書がないためにお受けできなくなるというのは非常に残念なことです。

ここにあるダウンロード書類は、医師の診断を受ける際に記入してもらうPADI病歴診断書と、それぞれの病歴がどのような影響がダイビングにあるのかを説明した自己申告書です。


Icon

PADI病歴診断書

ダウンロード 673 KB 526 ダウンロード


これからダイビングを始めようとする方は、是非ご覧になっていただき安全にダイビングライフをスタートしていただけたらと願います。

The following two tabs change content below.
Ueda Manabu

Manabu Ueda

PADIコースディレクター3DA PACIFIC/OCEANIA/JAPAN
PADIコースディレクター。1988年にフィリピンでインストラクター資格取得。大阪での活動後、1991年からオーストラリアに移住。2010年にグアムへ渡り、現在グアムで3DAパシフィック、ケアンズで3DAオセアニアを運営。ポセイドンTecCCRダイバーでもあり、リクリエーショナルダイビング・テクニカルダイビング・リブリーザーダイビングでグアム・オーストラリアを中心に様々なダイビングポイントの可能性を追求中。

ブログランキングに参加してます、クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

 

人気記事

サイト内人気ページ