グアムで魚影が濃いのはここ!

グアムでのダイビングも、行くとこに行けばかなりの高確率で動画のような魚影の濃いシーンに出会えます。今日は、アオウミガメに始まり(2ダイブで20匹以上出てきましたが)、バラクーダの群れ、ホソカマスの群れ、コバンアジの群れ、ギンガメアジの群れ・・・・とオンパレード。ブラックチップリーフシャークも5匹ほどウロウロとダイバーの周りを囲み、充実した2ダイブでした!

ポセイドンリブリーザーで潜っていたこともあり、いつも以上に魚たちが寄ってくる、寄ってくる。単体のオニカマスなんかは真正面から様子を見に寄ってくる始末。サメも距離が近い!やはり排気音の有る・無しで距離感が全く違うことを再認識。

[Not a valid template]

180分のダイビングで4つのダイビングポイントをカバー(ビッグブルー~タワー~チャペル~チャンネルの4ポイント)。ポイントとポイントの間は通常潜らないので始めて潜ったような感覚にもなる。

グアムでのCCR(リブリーザー)ダイビングの今後の可能性を再認識できた1日でした!!!

UEDA MANABU

By Manabu Ueda

PADIコースディレクター。1988年にフィリピンでインストラクター資格取得。大阪での活動後、1991年からオーストラリアに移住。2010年にグアムへ渡り、現在グアムで3DAパシフィック、ケアンズで3DAオセアニアを運営。ポセイドンTecCCRダイバーでもあり、リクリエーショナルダイビング・テクニカルダイビング・リブリーザーダイビングでグアム・オーストラリアを中心に様々なダイビングポイントの可能性を追求中。