台風4号Maysak通過後のグアム

今年は何とも早い時期からポンポン台風がグアムの近くを通過していきますが、思ったよりもMaysak通過後の影響が少なく、今日も気持ちのいいダイビングをしてきました!

定番ブルーホール側は、濁りが入り流れもあるかもということでアプラ湾を出て右側に位置する「ブルー&ホワイト」でファーストダイブ。若干のうねりの影響はあるものの水中はごらんのとおり。この写真は水深35mほどのところで撮ってますが水面まではっきりと見えます。

グアム、ブルー&ホワイト

名前の通り、海の「青」と砂地の「白」のコントラストが非常にきれいなポイント。通常は夏場に多く行くポイントですが、本日は流れもなくラッキーです。

グアムダイビングポイント「ブルー&ホワイト」

セカンドダイブは、うねりもあるということでアプラ湾内の「アメリカンタンカー」。沈船の内部に入ったりしてダイビングの前半はレックを楽しみ、後半は浅場のサンゴの森を堪能できます。

グアムダイビングポイント「アメリカンタンカー」

gopr0015

お客様は、昨年11月ぶりのリピーターT様。ブルーホール&沈船希望だったのですが、今回は沈船のほうだけでブルーホールは次回へのお楽しみということでまたお待ちしてます!

Ueda Manabu

By Manabu Ueda

PADIコースディレクター。1988年にフィリピンでインストラクター資格取得。大阪での活動後、1991年からオーストラリアに移住。2010年にグアムへ渡り、現在グアムで3DAパシフィック、ケアンズで3DAオセアニアを運営。ポセイドンTecCCRダイバーでもあり、リクリエーショナルダイビング・テクニカルダイビング・リブリーザーダイビングでグアム・オーストラリアを中心に様々なダイビングポイントの可能性を追求中。